営業カレンダー

2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
 
  • トップ
  • 当サイトについて
  • ヘリテージコレクション
Heritage Collection

ヘリテージコレクション

ヘリテージコレクション運営チームからご来館の皆さまへ

ヘリテージとは「受け継がれる文化、歴史的、宝物」といった意味を表します。

私たちエコたんプレミアムオンラインがご用意したヘリテージコレクションは、まさに携帯電話やスマートフォンの歴史を物語る貴重な財産として、進化の変遷を感じ取ることのできるエポックメイキングな携帯電話やスマートフォンの中でも特に技術的革新や希少性・話題性の高いモデルを、極上のコレクターズコンディションで収集陳列したミュージアムです。

古き良き名機たち、お客様も一度は所有したことのあるモデルや欲しかった限定モデルなど…記憶の奥に残る思い出に浸りながら、懐かしさを感じながら、そんな宝物との再会を写真やストーリーコメントと共にお楽しみください。

モバイルヘリテージアンバサダーのご紹介

エコたんプレミアムオンラインが推奨するSIMフリー端末の普及促進と共に、携帯電話スマートフォンの歴史や進化の変遷を通じてリユースモバイルの素晴らしさをたくさんの人々に伝えるメッセンジャーとして、木暮祐一氏に当サイト「ヘリテージコレクション」のモバイルヘリテージアンバサダーに就任いただきました。

モバイルヘリテージアンバサダー
木暮 祐一

モバイル研究家
アスキーの携帯電話情報サイト『携帯24』元編集長
青森公立大学准教授、博士(工学)

黎明期の携帯電話から最新モデルまで1,000台を超える歴代の携帯電話、スマートフォンを所有する国内屈指のトップコレクター。スマートフォンの医療・ヘルスケア分野への応用をはじめ、ICTの地域社会での活用に関わる研究に従事。モバイル学会理事/副会長、ITヘルスケア学会理事。『メディア技術史』(共著、北樹出版)など著書多数。

#

世界の最先端を突っ走った日本のガラパゴス端末たち

周囲が海に囲まれ他国と陸続きではなかったわが国は、他国と歩調を合わせることなく携帯電話が独自に進化できた類い稀な環境にありました。ともすれば“ガラパゴス”などと揶揄されることもありましたが、高い技術力を持った通信キャリアと端末メーカーがタッグを組んで、次々に素晴らしいプロダクトを育み常に世界最先端として誇れる端末を生み出し続けてきたのです。

音声通話機能が主役だった‘90年代は世界最小、最軽量を目指した端末開発がトレンドでした。そして世界に先駆けて’99年にはiモードをはじめとするモバイルインターネットが開花し、世界のどの国よりも早く手のひらでインターネットを操る世界を社会に広く浸透させていきました。‘00年以降は、カラー液晶、カメラ機能、アプリ、おサイフケータイ、ワンセグ(TV)など、今や生活に欠かせなくなったサービスや機能を次々に端末に実装して私たちユーザーをワクワクさせてくれました。これらの多くは、その後わが国から世界へと拡がりをみせていき、そして定着していったものばかりです。'00年代まで、わが国のケータイが世界最先端を突っ走り、世界に浸透していくトレンドを形成し続けてきたのです。

世界に胸を張って誇れる輝かしい功績を残したわが国の素晴らしい端末たちや、ときにはキワモノ端末、コラボ端末、限定希少端末も含めて、懐かしい携帯電話端末、スマートフォン端末の数々を、どうぞこの「Heritage Collection」で存分にお楽しみくださいませ。

#
木暮 祐一

ヘリテージコレクション一覧

Special

歴史

技術コンセプト

ファッションブランド

販促プロモーション

芸能人コラボレーション

車メーカーブランド

ゲームキャラクター

映画アニメキャラクター

所蔵品の販売について

ヘリテージコレクションに所蔵する名機たちは、通信規格の廃止や技術進化により現在は通信機器として使えなくなったモデルが多数ございます。発売当時は最先端テクノロジーを纏いイノベーションを巻き起こした彼らも今は長い歴史の1ページ…。
販売対象外の『Not for Sale』のお取り扱いとなります。

寄贈をご希望の方

所有するリユースモバイル端末を本ミュージアムに寄贈をご希望の方はお問い合わせフォームからモデル名、端末の状態、付属品の有無を明記の上ご相談くださいませ。

プロカメラマンによる撮影を経てヘリテージコレクションに掲載させていただきます。
お手元のリユースモバイル端末の寄贈に関するお問合せは下記「お問い合わせフォーム」から連絡くださいませ。